次世代バイオ医薬品製造技術研究組合

お知らせ

「遺伝子・細胞治療用ベクター新規大量製造技術開発」について

2019年05月10日

次世代バイオ医薬品製造技術研究組合は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が2019年度より実施する「再生医療・遺伝子治療の産業化に向けた基盤技術開発事業」における研究開発課題「遺伝子・細胞治療用ベクター新規大量製造技術開発」に取り組み、遺伝子・細胞治療用ベクターの大量製造のために必要な要素技術の開発と製造プラットフォームの構築を目指します。

遺伝子・細胞治療用ベクター新規大量製造技術開発について

  • 前の記事へ
  • 一覧へ戻る

ページの先頭へ